今日からはじめる写経

お釈迦さまの教えを文字化した経典「般若心経」。その般若心経を書き写すことを写経といいます。写経にはすぐれた功徳があるとされ、広く実践されてきました。

 

古くから仏教の修行として行われてきた写経ですが、現代に生きる私たちも写経の功徳を感じることができます。毎日膨大な量の情報に左右されてストレスを感じやすい人ほど、写経が必要と言えるでしょう。

 

写経の効果

 

心を込めて写経を行うと、心が穏やかになりストレスがなくなっていくことを感じることができます。般若心経には文字一つひとつにお釈迦さまの教えが込められていますが、これは文字そのものがお釈迦さまであるということ。つまり写経を通じてお釈迦さまの力をお借りしているということになります。

 

写経は深い信仰心を持たない人でも効果を感じることができます。頭であれこれ考えるより、とにかくやってみること。そうすることで静かに自分と向き合うことできます。写経を通じて、気持ちをリセットする時間ができることが最大の効果と言えるでしょう。

写経用紙と筆記具

写経を行うには、写経用紙と筆記具が必要です。写経用紙は罫線が引かれた白紙で、お手本を見ながら般若心経を書き写していきます。しかし、白紙に般若心経を書き写すことは大変難しいもの。はじめのうちは誤字脱字などの書き間違いが多く、なかなか集中できないものです。

 

そこでオススメしたいのがなぞり書きの写経紙。薄く印字された般若心経を上からなぞり書きするだけで、写経を行うことができます。なぞり書きでも一字一句ていねいに書くことに変わりはありません。

また、筆記具は筆と墨で書くことを良しとする考えもありますが、最初は筆ペンがおすすめ。なぞり書きとはいえ、トメ・ハネなどをしっかり意識して書きましょう。

 

写経の道具は高価なほど良いというものではありません。それよりも部屋をきれいにして、身なりを整えてから写経を行うことの方が大切です。写経は禅定という修行を行うことでもあるのです。

金泥(金字)写経について

一般的には墨(黒)で写経を行いますが、平安時代には金色の字で書かれた写経もあります。今から約1200年前の弘仁九年(818年)、疫病が流行し大飢饉で多くの人が苦しめられていました。そこで、弘法大師(空海)から写経を勧められた嵯峨天皇が人々の安寧を願って写経を行なったところ、その功徳により疫病が収まったと伝えれらています。

 

この時書かれた写経は、紺色の布地に金粉を膠を溶いた金泥(金字)を使って書かれた、とても美しい写経でした。金色の持つ神秘的な力が疫病と大飢饉を退散させたのかもしれません。

 

 

このように、写経は祈願のために行われてきた歴史もあります。成就させたい願いがあるなら、金色の持つ神秘的な力で写経を行うのも良いでしょう。

写経の書き方

写経には古くから用いられてきた書式がありますので、決められた構成に沿って写経を行いましょう。誤字脱字などの間違いがあっても、最初から書き直す必要はありません。字や行を書き間違えた場合は、あわてず校正を行って、写経を完成させましょう。

書き終えた写経紙について

書き終えた写経紙はお寺にお納めすることができます。お経をお寺にお納めすることを納経といい、納経はご本尊様に願いを届けることであり、お納めした方とご本尊様とご縁が結ばれるということでもあります。

納経するお寺は菩提寺の他、希望のお寺など納める方の自由です。納めたいお寺様に問合せてからの方が良いでしょう。

尚、リンケージワークスの写経シリーズは、観蔵院にお納めすることができます。お経はご本尊様にお供えし、ご祈祷・ご供養いたします。納経の証として観蔵院より御朱印(印刷物)が授与されます。