眼科医監修 目を温めてドライアイ予防

NHK「ガッテン!」で話題のドライアイ予防ケア

NHK ガッテン!「まぶたを見れば一発判明!疲れ目乾きに真・癒やしワザ」より
NHK ガッテン!「まぶたを見れば一発判明!疲れ目乾きに真・癒やしワザ」より

ドライアイは、目が乾く・不快感・痛みを感じる症状ですが、スマホやPCを長時間利用する人にとっては身近な悩みの一つ。ドライアイは疲れ目の原因になるだけでなく、放っておくと目の表面を傷つけることもあります。目の健康を考えて日々のケアを行うことが大切です。


ドライアイの症状

目の乾きやすくなるだけと思われがちなドライアイですが、症状はそれだけではありません。目が疲れやすくなった、目がゴロゴロする、目がの表面が痛い…など、ドライアイには多くの症状がみられます。また、頭痛や肩こりなどにもつながることもあります。

ドライアイ対策には市販の点眼薬もありますが、使い過ぎるとかえって悪化させることも。最近目の調子が悪いなと思ったら、まずは眼科医を受診することをおすすめします。

参考:目の病気  ドライアイ(医新会)

ドライアイの原因!?マイボーム腺機能不全(MGD)

人はまばたきするたびに涙腺からは水分が、マイボーム腺からは油が出るようにできています。どちらか一方でも欠けてしまうとドライアイ症状を引き起こしてしまいます。

 

このマイボーム腺の機能が何らかの原因で低下してしまう病気をマイボーム腺機能不全(MGD)と呼びます。最近では、ドライアイ症状を訴える人の80%以上が、MGDによる油分の不足が原因であるとわかっています。

目を働きを助ける涙とマイボーム腺

涙には目の働きを助ける大切な役割があります。

・目を乾燥から守る

・角膜へ酸素や栄養を補給

・ものをきれいに見る

・汚れやゴミを洗い流す…etc

 

涙はほとんど水分ですが、その水分が蒸発しないよう、表面に一層薄く油の層がのっています(図)。その油を分泌しているのが、まぶたの中にあるマイボーム腺です。このマイボーム腺の機能が何らかの原因で低下してしまう病気をマイボーム腺機能不全(MGD)と呼びます。

 

目は温めると良くなる!

マイボーム腺の機能が低下する原因の一つに、油分を分泌する出口が詰まるという症状があります。油分が固まると吹き出物のようになり、マイボーム腺の働きが落ちて目の水分が蒸発しやすくなります。

 

そこでおすすめなのがまぶたの上から目を温めるケアです。目を温めるとマイボーム腺内の固まった脂分が溶けやすくなり、ドライアイが改善しやすくなります。

 

特にトルマリン温熱アイマスクは、角膜の温度を上げすぎることなく、眼瞼結膜の温度を上昇させます。また、涙液安定性の改善も期待できます。

ドライアイ予防には手軽なアイマスク!

目を温めるグッズとして、濡れタオルを使った方法がテレビでも紹介されていますが、毎回準備するのは面倒なもの。用意や片付けるだけで続けるのが面倒になります。

そこでご紹介したいのが、電子レンジで温めるタイプのアイマスク。トルマリン温熱アイマスクは500Wで約40秒温めるだけ!しかもカバーは洗濯可能なので、常に清潔にお使いいただけます。

ドライアイの予防には涙が欠かせません。スマホやPCの長時間使用に注意し、トルマリン温熱アイマスクでマイボーム腺をケアしてあげましょう。朝晩1日2回、1回5分で目の健康をサポートできます。

トルマリン温熱アイマスクBrown